東京の密集市街地の周囲の状況から「抜け」を見つけ、大きく開いた2階居間を提案。 2階壁まで鉄筋コンクリート造、屋根のみ木造でサンドイッチパネルを使い薄く仕上げた。 家族の気配を常に感じつつ、心地良い距離感をもたらすヒメシャラのある中庭を設け、全ての居室がその中庭に面する。 四季折々、家族に楽しみを与える中庭はこの家の中心的な位置づけとなっている。