家具で間仕切られたワンルームの空間が生活の中心。 程なく五十歳を迎える建主に終のスミカ(栖)として平屋を提案した。 神社の参道に面した住宅は軒の高さを押えた平屋で、参道空間に敬意を払っている。 雁木は内部空間と参道の緩衝帯。 夏にはゴーヤの緑のカーテンが覆い、あたりに涼やかさを放つ。 夜は参道の暗がりで行灯となる。