秋田県にある旧家の敷地内に建てられた、若夫婦のための小さな離れです。 古い母屋は、親戚縁者の集まり事には都合よい間取りですが、プライバシー面に難点があり、 若い夫婦がそこに家庭的な雰囲気を求めるには開放的で大きすぎました。 母屋を補完する離れに求められたのは、第一に小ささでした。 しかし、同時に、広い家の開放感に慣れた住まい手が、違和感を感じない開放感が必要でした。