”部屋(空間)を集合させ、組み合わせることで、全体を作り上げること”。
建築を考える際、この至極当たり前の単純なルールを、改めて意識しながら作るとどのような建築になるか。
設計者は始めに全体のかたちをイメージし、その全体を切り分けて区分することで部屋を作り出しがちである。それでは、逆に部屋から考えて、建物を造ったらどうなるのか。部屋と部屋との繋がり、部屋同士の関係性から作る家。