敷地に大きな原っぱを設ける。そこを集う場として利用する。建物は中央から端に寄せ配置し、中に向け急勾配の屋根を架け原っぱへの日照を確保している。通りの通行人にとってトンネルの向こうに垣間見える日の当たった原っぱは、小さな違和感と、中への誘いを感じさせる。新潟市内のどこにでもある窮屈な敷地の中で、緩やかな生活を最大化する提案である。